【IATF16949徹底解説】5.1.1.2 プロセスの有効性及び効率 要求事項の解説と解釈

当記事のリンクには広告が含まれています

目次

ISO9001・IATF16949 第5章 リーダーシップ

ISO9001 及び IATF16949 の第5項 は、以下の通りです。
(下表の ”要求事項” の部分をクリックすると、解説ページにいけます。 )

規格項目要求事項
ISO9001:20155リーダーシップ及びコミットメント
ISO9001:20155.1.1一般
IATF16949:20165.1.1.1企業責任
IATF16949:20165.1.1.2プロセスの有効性及び効率
IATF16949:20165.1.1.3プロセスオーナー
ISO9001:20155.1.2顧客重視
ISO9001:20155.2方針
ISO9001:20155.2.1品質方針の策定
ISO9001:20155.2.2品質方針の伝達
ISO9001:20155.3組織の役割、責任及び権限
IATF16949:20165.3.1組織の役割、責任及び権限 – 補足
IATF16949:20165.3.2製品要求事項及び是正処置に対する責任及び権限

第5項のリーダーシップでは組織のトップマネジメント(経営者)がQMSを構築し運用し、有効性の確認を行うことについて、細かい決まりが書かれている章になります。

5.1.1.2 プロセスの有効性及び効率

当該項目の、IATF16949要求事項のポイントを自分なりにまとめてみました。

トップマネジメントは、プロセスの有効と効率を評価し改善するために、製品実現プロセス及び支援プロセスをレビューしなくてはならない。
プロセスに関するレビュー活動の結果は、マネジメントレビューでの議題として議論されなければならない。

用語の解説

ISO9001やIATF16949は国際規格であるため、原文は英語で構成されています。そのため、日本語に訳した際、少しわかりにくい表現で書かれているケースが多いです。まず初めに用語について解説をします。
有効性

ISO9001では以下のように定義されています。
計画した活動を実行し、計画した結果を達成した程度

効率

ISO9001では以下のように定義されています。
達成された結果と使用された資源の関係性

有効性と効率のイメージを図示しました。

トップマネジメント

経営者を示します。品質マネジメントシステムの要求事項(ISO9001やIATF16949)ではよく出てくる表現になります。
適切にリソース(人、モノ、金など)を必要な時に配分するには、経営者の判断が必要なため、経営者へ品質情報が上がるようにする仕組みの構築がISO9001では要求されています。

プロセス

製品が出来上がるまでの“過程”を示しています。この過程というのは、実際に工場で作られる過程(QC工程図等)ではなく、もっと広範囲の過程を示しています。
製品が出来上がるまでには、営業部門が商談•受注し、お客様の要求を社内へ展開。要求に見合った製品を設計開発をした上で、正しく製造しなくてはなりません。
このように実際に製品が出来上がるまでの全体の流れをプロセスと呼びます。

製品実現

ISO9001で「製品」とは「プロセスの結果」と定められています。

「製品実現」の定義はISO9001上でも規定されておらず、一般の辞書でも見つからない単語になりますが、受注した製品を創り顧客へ納入すること、又は、その活動のことを『製品実現』と呼んでいます。
具体的にはISO9001『8.3 製品及びサービスの設計・開発』『8.5 製造及びサービス提供』など、直接製品を実現するためのプロセスが重要となります。

製品実現までのプロセスのイメージを図示してみました。

支援プロセス

ISO9001では、プロセスの効果的な実施を支援するプロセス(例 教育訓練プロセス、設備管理プロセス、コミュニケーションプロセス、文書管理プロセス等)を示しています。


解説

トップマネジメントは、プロセスの有効と効率を評価し改善するために、製品実現プロセス及び支援プロセスをレビューしなくてはならない。
プロセスに関するレビュー活動の結果は、マネジメントレビューでの議題として議論されなければならない。

トップマネジメントは、プロセスの有効性及び効率を評価し改善するために、製品実現プロセス及び支援プロセスをレビューしなくてはなりません

プロセスをレビューするためには、プロセスの結果を適切に判断できるような管理指標や判断基準(KPIなど)を事業計画に折り込み、継続的に監視する必要があります。

IATF16949では、組織的な不正が起こらぬよう企業が責任を持つことを求めており、トップマネジメントはプロセスを監視しレビューするよう要求しています。

特に自動車部品は非常に高い品質を求められるため、IATF16949のコアツールの1つAPQP(Advanced Product Quality Plannin:先行製品品質計画)にて定められている細かなルールに従う必要があります。

また、プロセスレビューの活動結果は、マネジメントレビューへのインプットとして含めなくてはなりません。

あわせて読みたい
【簡単わかりやすく解説!】自動車産業 IATF16949のコアツール “PPAP” とは? 当記事のリンクには広告が含まれています 皆さんはPPAPという品質に関する言葉はご存じでしょうか? 自動車を作る上で非常に重要な規格、IATF16949にて要求されているコ...
あわせて読みたい
マネジメントレビューとは?やり方と導入メリットを徹底解説 無料で参加できるナレッジ共有コミュニティ 【マネジメントレビューとは?】 ISO9000でマネジメントレビューという単語が良く出てきますが、今回はこのマネジメントレビ...
あわせて読みたい
【IATF16949徹底解説】5.1.1.1 企業責任 要求事項の解説と解釈 当記事のリンクには広告が含まれています 【】 ISO9001 及び IATF16949 の第5章 は、以下の通りです。(下表の ”要求事項” の部分をクリックすると、解説ページにいけ...

IATF16949要求事項一覧へ

トップページへ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Twitterプロフィール
外資系Tier1メーカーで品質保証をしています。ADAS部品の開発が本業です。

コメント

コメントする

目次