【IATF16949徹底解説】9.2.2.2 品質マネジメントシステム監査|要求事項の解説と解釈

当記事のリンクには広告が含まれています

目次

ISO9001・IATF16949 第9章 パフォーマンス評価

ISO9001:2015 9 パフォーマンス評価
ISO9001:2015 9.1 監視、測定、分析及び評価
ISO9001:2015 9.1.1 一般
IATF16949:2016 9.1.1.1 製造工程の管理及び測定
IATF16949:2016 9.1.1.2 統計的ツールの特定
IATF16949:2016 9.1.1.3 統計的概念の適用
ISO9001:2015 9.2 顧客満足
IATF16949:2016 9.1.2.1 顧客満足 – 補足
ISO9001:2015 9.1.3 分析及び評価
ISO9001:2015 9.2 内部監査
IATF16949:2016 9.2.1 及び 9.2.2 9.2.1 及び 9.2.2
IATF16949:2016 9.2.2.1 内部監査プログラム
IATF16949:2016 9.2.2.2 品質マネジメントシステム監査
IATF16949:2016 9.2.2.3 製造工程監査
IATF16949:2016 9.2.2.4 製品監査
ISO9001:2015 9.3 マネジメントレビュー
ISO9001:2015 9.3.1 一般
IATF16949:2016 9.3.1.1 マネジメントレビュー – 補足
ISO9001:2015 9.3.2 マネジメントレビューへのインプット
IATF16949:2016 9.3.2.1 マネジメントレビューへのインプット – 補足
ISO9001:2015 9.3.3 マネジメントレビューからのアウトプット
IATF16949:2016 9.3.3.1 マネジメントレビューからのアウトプット – 補足

9.2.2.2 品質マネジメントシステム監査

IATF16949要求事項のポイントを自分なりにまとめてみました。

組織はIATF16949要求事項への適合性を検証するため、プロセスアプローチを用いて3年周期の間(例えば2020年1月1日〜2022年12月31日までの期間をいう)、年間計画に従い、全ての品質マネジメントシステムの監査を行わなければならない。

上記で示した監査と共に、組織は、顧客固有の品質マネジメントシステムに関する要求事項があれば、組織はその要求事項に対して効果的な品質マネジメントシステムが実行されているか、サンプリング確認を行わなければならない。

解説(年間計画)

組織はIATF16949要求事項への適合性を検証するため、プロセスアプローチを用いて3年周期の間(例えば2020年1月1日〜2022年12月31日までの期間をいう)、年間計画に従い、全ての品質マネジメントシステムの監査を行わなければならない。
要求事項では3周期と解釈できる記載がありますが、これは全ての品質マネジメントシステムを監査しきらなければいけない期間となります。

それと同じに、年間計画と解釈できる表記もあるため、1年間の計画を定めて年次で計画の運用をしなければなりません。

従って、3年間で全ての品質マネジメントシステムを監査しきれるように、1年間の監査計画を定めて運用していく必要があります。

 

解説(顧客要求事項)

上記で示した監査と共に、組織は、顧客固有の品質マネジメントシステムに関する要求事項があれば、組織はその要求事項に対して効果的な品質マネジメントシステムが実行されているか、サンプリング確認を行わなければならない。
顧客固有の品質マネジメントシステムに関する要求事項がある場合は、それらのサンプリング確認を行うことが要求事項が追加されました

サンプリング確認とは、対象の監査項目をクリアできドキュメントを抜き打ちでチェックしていく行為のことをいいます。

 

IATF16949要求事項一覧へ

トップページへ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Twitterプロフィール
外資系Tier1メーカーで品質保証をしています。ADAS部品の開発が本業です。

コメント

コメントする

目次