【IATF16949徹底解説】8.4.2.3.1 自動車製品に関係するソフトウェア 又は組込みソフトウェアを持つ製品|要求事項の解説と解釈

目次

ISO9001・IATF16949 第8章 運用

ISO9001 及び IATF16949 の第8章 は、以下の通りです。ここが、品質マネジメントシステムを運用するうえでの規定が書かれており、一番のメイン所になります。要求事項は長く続きますが、是非、一緒に勉強をしましょう!

ISO9001:2015
IATF16949:2016
8 運用
ISO9001:2015 8.1 運用の計画及び管理
IATF16949:2016 8.1.1 運用の計画及び管理 – 補足
IATF16949:2016 8.1.2 機密保持
ISO9001:2015 8.2 製品及びサービスに関する要求事項
ISO9001:2015 8.2.1 顧客とのコミュニケーション
IATF16949:2016 8.2.1.1 顧客とのコミュニケーション – 補足
ISO9001:2015 8.2.2 製品及びサービスに関連する要求事項の明確化
IATF16949:2016 8.2.2.1 製品及びサービスに関連する要求事項の明確化 – 補足
ISO9001:2015 8.2.3 製品及びサービスに関連する要求事項のレビュー
IATF16949:2016 8.2.3.1 ISO9001:2015 要求事項参照
IATF16949:2016 8.2.3.1.1 製品及びサービスに関連する要求事項のレビュー – 補足
IATF16949:2016 8.2.3.2 顧客指定の特殊特性
IATF16949:2016 8.2.3.3 組織の製造フィージビリティ
ISO9001:2015 8.2.4 製品及びサービスに関する要求事項の変更
ISO9001:2015 8.3 製品及びサービスの設計・開発
ISO9001:2015 8.3.1 一般
IATF16949:2016 8.3.1.1 製品及びサービスの設計・開発 – 補足
ISO9001:2015 8.3.2 設計・開発の計画
IATF16949:2016 8.3.2.1 設計・開発の計画 – 補足
IATF16949:2016 8.3.2.2 製品設計の技能
IATF16949:2016 8.3.2.3 組込みソフトウェアをもつ製品の開発
ISO9001:2015 8.3.3 設計・開発へのインプット
IATF16949:2016 8.3.3.1 製品設計へのインプット
IATF16949:2016 8.3.3.2 製造工程設計へのインプット
IATF16949:2016 8.3.3.3 特殊特性
ISO9001:2015 8.3.4 設計・開発の管理
IATF16949:2016 8.3.4.1 監視
IATF16949:2016 8.3.4.2 設計・開発の妥当性確認
IATF16949:2016 8.3.4.3 試作プログラム
IATF16949:2016 8.3.4.4 製品承認プロセス
ISO9001:2015 8.3.5 設計・開発からのアウトプット
IATF16949:2016 8.3.5.1 設計・開発からのアウトプット – 補足
ISO9001:2015 8.3.6 設計・開発の変更
IATF16949:2016 8.3.6.1 設計・開発の変更 – 補足
ISO9001:2015 8.4 外部から提供されるプロセス、製品及びサービスの管理
ISO9001:2015 8.4.1 一般
IATF16949:2016 8.4.1.1 一般 – 補足
IATF16949:2016 8.4.1.2 供給者選定プロセス
IATF16949:2016 8.4.1.3 顧客指定の供給者(指定購買 としても知られている)
ISO9001:2015 8.4.2 管理の方式及び程度
IATF16949:2016 8.4.2.1 管理の方式及び程度 – 補足
IATF16949:2016 8.4.2.2 法令・規制要求事項
IATF16949:2016 8.4.2.3 供給者の品質マネジメントシステム開発
IATF16949:2016 8.4.2.3.1 自動車製品に関係するソフトウェア
又は組込みソフトウェアを持つ製品
IATF16949:2016 8.4.2.4 供給者の監視
IATF16949:2016 8.4.2.4.1 第二者監査
IATF16949:2016 8.4.2.5 供給者の開発
ISO9001:2015 8.4.3 外部提供者に対する情報
IATF16949:2016 8.4.3.1 外部提供者に対する情報 – 補足
ISO9001:2015 8.5 製造及びサービス提供
ISO9001:2015 8.5.1 製造及びサービス提供の管理
IATF16949:2016 8.5.1.1 コントロールプラン
IATF16949:2016 8.5.1.2 標準作業-作業者指示書及び目視標準
IATF16949:2016 8.5.1.3 作業の段取り替え検証
IATF16949:2016 8.5.1.4 シャットダウン後の検証
IATF16949:2016 8.5.1.5 TPM(Total productive maintenance)
IATF16949:2016 8.5.1.6 生産治工具並びに製造, 試験, 検査の治工具
及び設備の運用管理
IATF16949:2016 8.5.1.7 生産計画
ISO9001:2015 8.5.2 識別及びトレーサビリティ
IATF16949:2016 8.5.2.1 識別及びトレーサビリティ – 補足
ISO9001:2015 8.5.3 顧客又は外部提供者の所有物
ISO9001:2015 8.5.4 保存
IATF16949:2016 8.5.4.1 保存 – 補足
ISO9001:2015 8.5.5 引き渡し後の活動
IATF16949:2016 8.5.5.1 サービスからの情報のフィードバック
IATF16949:2016 8.5.5.2 顧客とのサービス契約
ISO9001:2015 8.5.6 変更の管理
IATF16949:2016 8.5.6.1 変更の管理 – 補足
IATF16949:2016 8.5.6.1.1 工程変更の一時的変更
ISO9001:2015 8.6 製品及びサービスのリリース
IATF16949:2016 8.6.1 製品及びサービスのリリース – 補足
IATF16949:2016 8.6.2 レイアウト検査及び機能試験
IATF16949:2016 8.6.3 外観品目
IATF16949:2016 8.6.4 外部から提供される製品及びサービスの検証及び受入れ
IATF16949:2016 8.6.5 法令・規制への適合
IATF16949:2016 8.6.6 合否判定基準
ISO9001:2015 8.7 不適合なアウトプットの管理
IATF16949:2016 8.7.1 8.7.1
IATF16949:2016 8.7.1.1 特別採用に対する顧客の正式許可
IATF16949:2016 8.7.1.2 不適合製品の管理 – 顧客規定のプロセス
IATF16949:2016 8.7.1.3 疑わしい製品の管理
IATF16949:2016 8.7.1.4 手直し製品の管理
IATF16949:2016 8.7.1.5 修理製品の管理
IATF16949:2016 8.7.1.6 顧客への通知
IATF16949:2016 8.7.1.7 不適合製品の廃棄

8.4.2.3.1 自動車製品に関係するソフトウェア
又は組込みソフトウェアをもつ製品

IATF16949要求事項のポイントを自分なりにまとめてみました。

組織は、自動車製品に関係するソフトウェア、又は組込みソフトウェアの供給者に対し、ソフトウェア品質保証のプロセスを実施し、維持するよう要求しなければならない。

ソフトウェア開発評価の方法は、供給者のソフトウェア開発を評価するために活用しなければならない。

リスク及び顧客へ影響する潜在的な影響に基づき優先順位付けを用いて、組織は供給者にソフトウェア開発能力の自己評価に関する文書化した情報を保持するよう要求しなければならない。

 

はじめに

『8.3.2.3 組込みソフトウェアをもつ製品の開発』にて、組織が開発するソフトウェアに対して要求事項が定められましたが、それと同様に、供給者に対してもソフトウェア品質保証プロセスを確立するよう要求されています。

ソフトウェアに関する詳しい解説は、『8.3.2.3 組込みソフトウェアをもつ製品の開発』の解説ページにて、詳しく説明しています。

あわせて読みたい
【IATF16949徹底解説】8.3.2.3 組込みソフトウェアをもつ製品の開発|要求事項の解説と解釈 無料で参加できるナレッジ共有コミュニティ 【ISO9001・IATF16949 第8章 運用】 ISO9001 及び IATF16949 の第8章 は、以下の通りです。ここが、品質マネジメントシス...

解説(品質保証プロセスの要求)

組織は、自動車製品に関係するソフトウェア、又は組込みソフトウェアの供給者に対し、ソフトウェア品質保証のプロセスを実施し、維持するよう要求しなければならない。
組織は、ソフトウェアの供給者に対して、ソフトウェアの品質保証プロセスを確立し維持するよう要求しなければなりません。

品質保証プロセスを確立させることで、供給者が開発したソフトウェアの品質担保を確実にします。

 
 

解説(開発評価の方法論)

ソフトウェア開発評価の方法は、供給者のソフトウェア開発を評価するために活用しなければならない。
供給者へソフトウェアの開発評価についての方法(手法)を確立するよう要求しなければなりません。方法の典型例としては、『Automotive SPICE』の活用が挙げられます。

『Automotive SPICE』とは、欧州の完成車メーカーが中心となって作成した、車載ソフトウェア開発プロセスのフレームワークを定めた自動車業界の標準プロセスモデルとなります。

このモデルが策定された目的は、車載ソフトウェアの開発プロセスを定量的に評価することです。

特徴的なのが、発注者側が審査を行う点であり、供給者のプロセス監査で『尺度』として用いられます。

『Automotive SPICE』には『V字プロセス』という代表的な開発モデルが存在し、左側の傾斜(構築)が右側の傾斜(テスト・評価)と対応するが、確実に互いが分離している構成となっています。

 
 

解説(開発能力の評価)

リスク及び顧客へ影響する潜在的な影響に基づき優先順位付けを用いて、組織は供給者にソフトウェア開発能力の自己評価に関する文書化した情報を保持するよう要求しなければならない。
組織は供給者に対して、彼らがもつソフトウェア開発能力の自己評価結果を、文書化した情報として保持するよう要求しなければいけません。

全てを評価できることが可能であれば、それが理想ですが、実際はそうはいかないことが多いため、その際には、リスク及び顧客に及ぼす潜在的な影響に基づいて、優先順位をつけ、優先度が高い部分から評価を行います。 

1万PV以上のアクセスを誇るブログに広告掲載!

他のIATF16949要求事項の解説はコチラ!

要求事項をもっと見る!

note始めました!ブログや普段の裏側をお見せしています!

ブログ村に登録しました。一日ワンクリックお願いします!
ブログを続ける励みになります(^o^)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

トップページへ戻る

他にも色々なブログを書いています!

IATF16949を徹底解説!

このカテゴリをもっと読む

品質基礎知識の情報発信!

このカテゴリをもっと読む

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Twitterプロフィール
外資系Tier1メーカーで品質保証をしています。ADAS部品の開発が本業です。

コメント

コメントする

目次