【IATF16949徹底解説】8.3.3.1 製品設計へのインプット|要求事項の解説と解釈

IATF16949

第8章 運用

8.3.3.1 製品設計へのインプット

について解説します。

ISO9001・IATF16949 第8章 運用

ISO9001 及び IATF16949 の第8章 は、以下の通りです。ここが、品質マネジメントシステムを運用するうえでの規定が書かれており、一番のメイン所になります。要求事項は長く続きますが、是非、一緒に勉強をしましょう!
(下表の ”要求事項” の部分をクリックすると、解説ページにいけます。 )

ISO9001:2015
IATF16949:2016
8 運用
ISO9001:2015 8.1 運用の計画及び管理
IATF16949:2016 8.1.1 運用の計画及び管理 – 補足
IATF16949:2016 8.1.2 機密保持
ISO9001:2015 8.2 製品及びサービスに関する要求事項
ISO9001:2015 8.2.1 顧客とのコミュニケーション
IATF16949:2016 8.2.1.1 顧客とのコミュニケーション – 補足
ISO9001:2015 8.2.2 製品及びサービスに関連する要求事項の明確化
IATF16949:2016 8.2.2.1 製品及びサービスに関連する要求事項の明確化 – 補足
ISO9001:2015 8.2.3 製品及びサービスに関連する要求事項のレビュー
IATF16949:2016 8.2.3.1 ISO9001:2015 要求事項参照
IATF16949:2016 8.2.3.1.1 製品及びサービスに関連する要求事項のレビュー – 補足
IATF16949:2016 8.2.3.2 顧客指定の特殊特性
IATF16949:2016 8.2.3.3 組織の製造フィージビリティ
ISO9001:2015 8.2.4 製品及びサービスに関する要求事項の変更
ISO9001:2015 8.3 製品及びサービスの設計・開発
ISO9001:2015 8.3.1 一般
IATF16949:2016 8.3.1.1 製品及びサービスの設計・開発 – 補足
ISO9001:2015 8.3.2 設計・開発の計画
IATF16949:2016 8.3.2.1 設計・開発の計画 – 補足
IATF16949:2016 8.3.2.2 製品設計の技能
IATF16949:2016 8.3.2.3 組込みソフトウェアをもつ製品の開発
ISO9001:2015 8.3.3 設計・開発へのインプット
IATF16949:2016 8.3.3.1 製品設計へのインプット
IATF16949:2016 8.3.3.2 製造工程設計へのインプット
IATF16949:2016 8.3.3.3 特殊特性
ISO9001:2015 8.3.4 設計・開発の管理
IATF16949:2016 8.3.4.1 監視
IATF16949:2016 8.3.4.2 設計・開発の妥当性確認
IATF16949:2016 8.3.4.3 試作プログラム
IATF16949:2016 8.3.4.4 製品承認プロセス
ISO9001:2015 8.3.5 設計・開発からのアウトプット
IATF16949:2016 8.3.5.1 設計・開発からのアウトプット – 補足
ISO9001:2015 8.3.6 設計・開発の変更
IATF16949:2016 8.3.6.1 設計・開発の変更 – 補足
ISO9001:2015 8.4 外部から提供されるプロセス、製品及びサービスの管理
ISO9001:2015 8.4.1 一般
IATF16949:2016 8.4.1.1 一般 – 補足
IATF16949:2016 8.4.1.2 供給者選定プロセス
IATF16949:2016 8.4.1.3 顧客指定の供給者(指定購買 としても知られている)
ISO9001:2015 8.4.2 管理の方式及び程度
IATF16949:2016 8.4.2.1 管理の方式及び程度 – 補足
IATF16949:2016 8.4.2.2 法令・規制要求事項
IATF16949:2016 8.4.2.3 供給者の品質マネジメントシステム開発
IATF16949:2016 8.4.2.3.1 自動車製品に関係するソフトウェア
又は組込みソフトウェアを持つ製品
IATF16949:2016 8.4.2.4 供給者の監視
IATF16949:2016 8.4.2.4.1 第二者監査
IATF16949:2016 8.4.2.5 供給者の開発
ISO9001:2015 8.4.3 外部提供者に対する情報
IATF16949:2016 8.4.3.1 外部提供者に対する情報 – 補足
ISO9001:2015 8.5 製造及びサービス提供
ISO9001:2015 8.5.1 製造及びサービス提供の管理
IATF16949:2016 8.5.1.1 コントロールプラン
IATF16949:2016 8.5.1.2 標準作業-作業者指示書及び目視標準
IATF16949:2016 8.5.1.3 作業の段取り替え検証
IATF16949:2016 8.5.1.4 シャットダウン後の検証
IATF16949:2016 8.5.1.5 TPM(Total productive maintenance)
IATF16949:2016 8.5.1.6 生産治工具並びに製造, 試験, 検査の治工具
及び設備の運用管理
IATF16949:2016 8.5.1.7 生産計画
ISO9001:2015 8.5.2 識別及びトレーサビリティ
IATF16949:2016 8.5.2.1 識別及びトレーサビリティ – 補足
ISO9001:2015 8.5.3 顧客又は外部提供者の所有物
ISO9001:2015 8.5.4 保存
IATF16949:2016 8.5.4.1 保存 – 補足
ISO9001:2015 8.5.5 引き渡し後の活動
IATF16949:2016 8.5.5.1 サービスからの情報のフィードバック
IATF16949:2016 8.5.5.2 顧客とのサービス契約
ISO9001:2015 8.5.6 変更の管理
IATF16949:2016 8.5.6.1 変更の管理 – 補足
IATF16949:2016 8.5.6.1.1 工程変更の一時的変更
ISO9001:2015 8.6 製品及びサービスのリリース
IATF16949:2016 8.6.1 製品及びサービスのリリース – 補足
IATF16949:2016 8.6.2 レイアウト検査及び機能試験
IATF16949:2016 8.6.3 外観品目
IATF16949:2016 8.6.4 外部から提供される製品及びサービスの検証及び受入れ
IATF16949:2016 8.6.5 法令・規制への適合
IATF16949:2016 8.6.6 合否判定基準
ISO9001:2015 8.7 不適合なアウトプットの管理
IATF16949:2016 8.7.1 8.7.1
IATF16949:2016 8.7.1.1 特別採用に対する顧客の正式許可
IATF16949:2016 8.7.1.2 不適合製品の管理 – 顧客規定のプロセス
IATF16949:2016 8.7.1.3 疑わしい製品の管理
IATF16949:2016 8.7.1.4 手直し製品の管理
IATF16949:2016 8.7.1.5 修理製品の管理
IATF16949:2016 8.7.1.6 顧客への通知
IATF16949:2016 8.7.1.7 不適合製品の廃棄

第8章の運用では、組織の品質マネジメントシステムを実際に運用するためのプロセスについての要求事項が書かれています。ご覧の通り、ISO9001では不足していると判断し、IATF16949でたくさんの要求事項が追加されています。

8.3.3.1 製品設計へのインプット

IATF16949要求事項のポイントを自分なりにまとめてみました。

組織は、顧客から受ける要求事項および契約内容の確認を行い、その内容を製品設計へのインプットとする。要求事項の内容を理解し、特定することで明確化する。そして内容を文書化し、レビューしなければならない。

製品設計へのインプットには次の事項を含めるが、それに限定されない。
① 特殊特性(8.3.3.3 参照)を含んだ製品仕様書。しかしそれに限定されない。
➁ 境界およびインタフェース要求事項
③ 識別、トレーサビリティ及び包装
④ 設計の代替案の検討
⑤ インプット要求事項に伴うリスクおよびリスクを緩和/管理する組織の能力、フィージビリティ分析の結果を含む評価
⑥ 保存、信頼性、耐久性、サービス性、健康、安全、環境、開発タイミングおよびコスト を含む製品要求事項への適合に対する目標
⑦ 顧客から提供された場合は、顧客指定の仕向国の該当する法令や規制要求事項
⑧ 組込みソフトウェア要求事項

組織は、現在および将来に開発するであろう類似するプロジェクトのために、過去の設計プロジェクト、競合他社製品分析(ベンチマーキング)、供給者からのフィードバック、内部からのインプット、市場データ及び他の関連する情報源から得た情報を展開するプロセスを持たなければならない。

注記
設計の代替案を検討するアプローチの1つは、トレードオフ曲線の活用である。

はじめに

製品設計へのインプットは、自動車業界で使われるAPQP(先行製品品質計画)のPhase2の段階となります。APQPについて不安な方は、以下の記事をご参考にしてください。

APQP(先行製品品質計画) 5つのフェーズ

フェーズⅠ
作ろうとしている製品のマーケット情報や顧客からの要求を明確化

フェーズⅡ
製品を形にするための書類(図面や仕様書、FMEAなど)を作る

フェーズⅢ
設計段階の書類を適合した製品を作れる工程の開発

フェーズⅣ
正しい製品を作れているか、試作品や製造結果から生産工程の妥当性を確認

フェーズⅤ
APQPの有効性を確認する、フェーズ4の妥当性確認結果から更なる改善に努める

自動車部品を製造するにおいて、顧客要求事項を組織へのインプットとし、設計・工程設計・製造…という流れで開発や製造を進めていきます。

ISO9001では、設計へのインプットを文書化した情報として保持するよう、既に要求を受けていますが、IATF16949では、それに『レビュー』という項目が追加されました。

このレビューは、部門横断的チームにて様々な知見を終結して、明確にすることが望ましいです。顧客は自動車メーカーを指しますが、彼らが提出する要求事項は、内容によっては曖昧な部分も多く、専門メーカーである、自動車部品メーカーがその要求事項が自社製品のどういった部分にあたるのか明確にする必要があります。

例えば、『米国基準の電波法を満たすように設計しなさい』という要求事項があったとして、具体的にどのような周波数にするのか等は、専門メーカーの知見を終結して決めていく必要があるためです。
(上記は具体例なので、製品によっては、具体的な要求事項が展開されることもあるかと思います)

解説(要求事項の確認とレビュー)

組織は、顧客から受ける要求事項および契約内容の確認を行い、その内容を製品設計へのインプットとする。要求事項の内容を理解し、特定することで明確化する。そして内容を文書化し、レビューしなければならない。
製造メーカーはどれもそうですが、自動車部品メーカーは、特に顧客要求事項を満たすように、厳しく管理されており、IATF16949は、確実にすべく非常に厳しい要求事項の数々が存在します。
 
はじめに、顧客要求事項を受け取った組織は、その内容を理解し、自社製品のどういった部分に該当するのか明確にする必要があります。
 
そして、明確になった内容は文書化した情報として、組織は保持しなくてはなりません。
 
 
一般的には、IATF16949の章立てと同じように、要求事項が展開されるため、組織はIATF16949の章立てと同じようなフォーマットを用意し、どんな顧客要求事項が展開されているのか整理を行い、保持します。
 
保持と維持の違い

品質マネジメントシステムでは、保持と維持という非常によく似たワードが出てくるので注意が必要です。

保持:改定しないこと
維持:改定すること

例)
保持:製品トレサデータ、出荷検査記録、4M変化点記録 等
維持:FMEA、規定、標準、手順書 等

なお、IATF16949で新しく追加された内容ですが、関係者と内容をレビューしなくてはなりません。レビューを実施することで、文書化する際に抜け漏れを防止したり、適切な内容として文書に落とし込まれているのか確認・精査します。
 
 
 

解説(特殊特性を含む)

製品設計へのインプットには次の事項を含めるが、それに限定されない。
① 特殊特性(8.3.3.3 参照)を含んだ製品仕様書。しかしそれに限定されない。
特殊特性については、以下の記事でじっくり解説しているので、参考にしてください。

製品設計へのインプットを行う際は、顧客指定の特殊特性がある場合、その内容を明確にする必要があります。

なお、組織が独自に特殊特性を設定するケースもありますが、市場の情報や情勢をインプットとし、設計でFMEAなどのリスク分析を通して、特殊特性を選定する場合もあるので、組織が置かれている状況の理解を行うことも必要な内容の1つといえます。

解説(境界・インターフェース)

製品設計へのインプットには次の事項を含めるが、それに限定されない。
➁ 境界およびインタフェース要求事項
設計FMEA(DFMEA)を実施する前の段階に、境界図(ブロック図)やインタフェースマトリックスを作成し、DFMEAのインプット情報として活用するというプロセスが推奨されています。
 
 

解説(製造で必要な設計)

製品設計へのインプットには次の事項を含めるが、それに限定されない。
③ 識別、トレーサビリティ及び包装
また、製品の識別やトレーサビリティ包装についての要求事項を製品設計のインプットに含める必要があります。
 
自動車部品には、個々に製品ラベルが貼られていますが、そのラベルの印字内容も図面をおこさなくてはならないので、そのような設計に対応するために、識別や包装などの情報をインプットに含めます。
 
また、トレーサビリティに関しても同様で、個別の識別番号(シリアル番号等)をラベルに印字する製品もあるため、トレーサビリティを取ることを配慮するために、製品設計へのインプットに含めます。
 
 

解説(設計の代替案)

製品設計へのインプットには次の事項を含めるが、それに限定されない。
④ 設計の代替案の検討
製品設計では、顧客から数多く多岐に渡って受ける要求事項を漏らさず満足させるために、いわゆる製品開発の最適解を見つけ出す活動とも捉えることができます。
 
即ち『この設計だけ!』というのではなく、複数の選択肢を持っていなくてはなりません。
 
顧客と協議を行い、最適解を見つけ出していくためにも、自動車部品メーカーは設計の代替案(選択肢)を、複数持っておく必要があります。
 
 

解説(リスク分析)

製品設計へのインプットには次の事項を含めるが、それに限定されない。
⑤ インプット要求事項に伴うリスクおよびリスクを緩和/管理する組織の能力、フィージビリティ分析の結果を含む評価

当たり前な内容ですが、組織が顧客から受ける要求事項を満たす製品を設計する能力を兼ね備えていなければ、いけません。

この実現能力があるかどうかを分析することを『フィージビリティ分析』と呼びます。

こちらに関しては以下の記事で説明しているので、参考にしてください。

顧客から受ける要求事項を理解し、リスクを明確にします。そして、そのリスクを緩和するための手段や、リスク回避するための管理体制を敷く必要があります。

解説(目標値設定)

製品設計へのインプットには次の事項を含めるが、それに限定されない。
⑥ 保存、信頼性、耐久性、サービス性、健康、安全、環境、開発タイミングおよびコスト を含む製品要求事項への適合に対する目標
顧客要求への適合に対する目標を定め、達成に向けて活動しなくてはなりません。
 
具体的にどのように目標値を置くのかは、顧客との協議によって決まることもありますが、例えば市場品質(不良率など)の目標値を、開発段階から定めて取り組んでいた経験があります。
 
 

解説(法令や規制への適合)

製品設計へのインプットには次の事項を含めるが、それに限定されない。
⑦ 顧客から提供された場合は、顧客指定の仕向国の該当する法令や規制要求事項
自動車は世界各国へ輸出されるため、その国々によって該当する法令や規制への適合をしなくてはなりません。
 
そのため、製品によっては、法令や規制要求事項を満足するような設計を行う必要があります。
 
例えば、電波法や通信規格、含有化学物質などが、これに当たります。
 
 

解説(ソフトウェア要求事項)

製品設計へのインプットには次の事項を含めるが、それに限定されない。
⑧ 組込みソフトウェア要求事項
組込みソフトウェアについての顧客要求事項について、製品設計にインプットするべき内容を明確化して、文書化し、網羅できているのかレビューすることが要求されました。
 
 

解説(水平展開プロセス)

組織は、現在および将来に開発するであろう類似するプロジェクトのために、過去の設計プロジェクト、競合他社製品分析(ベンチマーキング)、供給者からのフィードバック、内部からのインプット、市場データ及び他の関連する情報源から得た情報を展開するプロセスを持たなければならない。
情報を収集、分析、データベース化では、確実に製品設計に活用されるとは限らない。
 
そのため、現在開発中 もしくは、将来開発するであろうモデルのために、過去に行ったプロジェクトや、ベンチマークの結果などを、製品設計へインプット(水平展開)するプロセスを持たなければなりません。
 
文書化してQMSに組込む必要があります。
 
 

解説(トレードオフ曲線)

注記
設計の代替案を検討するアプローチの1つは、トレードオフ曲線の活用である。

注記では ”トレードオフ曲線” の活用について示された。

トレードオフ曲線とは、製品の様々な設計特性の関係を理解し、伝達するためのツールとなります。
1つの特性に関する製品性能を縦軸に、もう一つの特性を横軸都市、それから二つの特性に対する製品性能を示す曲線がプロットされ、最善の妥協点(最適解)を見つける1つの手法です。

他のIATF16949要求事項はコチラから!

要求事項をもっと見る!

この記事を読んだ貴方にオススメ本のご紹介!


プロジェクトマネジメントを基本から学べる1冊。
フレームワークだけではなくて、それを扱う人間力についても解説
会社の教育や研修でも使えるオススメ本!

ポイント図解 プロジェクトマネジメントの基本が面白いほど身につく本 | 伊藤 大輔 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで伊藤 大輔のポイント図解 プロジェクトマネジメントの基本が面白いほど身につく本。アマゾンならポイント還元本が多数。伊藤 大輔作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またポイント図解 プロジェクトマネジメントの基本が面白いほど身につく本もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

IATF16949を知るうえで欠かせない5つのコアツール
この一冊があれば、APQPのすべてが分かります!

一番分かりやすいオススメ解説本!

図解 IATF 16949 よくわかるコアツール【第2版】: APQP・PPAP・AIAG&VDA FMEA・SPC・MSA | 好夫, 岩波 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで好夫, 岩波の図解 IATF 16949 よくわかるコアツール【第2版】: APQP・PPAP・AIAG&VDA FMEA・SPC・MSA。アマゾンならポイント還元本が多数。好夫, 岩波作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また図解 IATF 16949 よくわかるコアツール【第2版】: APQP...

この1冊でIATF16949すべてが分かります!
IATFを知るうえでのバイブル本です。

IATF 16949:2016 解説と適用ガイド-IATF認証取得及び維持のためのルール 第5版 | 菱沼 雅博 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで菱沼 雅博のIATF 16949:2016 解説と適用ガイド-IATF認証取得及び維持のためのルール 第5版。アマゾンならポイント還元本が多数。菱沼 雅博作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またIATF 16949:2016 解説と適用ガイド-IATF認証取得及び維持のためのルール 第5版もアマ...
品質管理の入門にオススメな書籍。
メーカー勤務の設計者にも愛用されている1冊となります。
図解ありまとまっている。
著者は
現場で品質管理のコンサルティングしている方で経験に基づいたアドバイもふんだん。
〈図解〉基本からよくわかる品質管理と品質改善のしくみ | 西村 仁 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで西村 仁の〈図解〉基本からよくわかる品質管理と品質改善のしくみ。アマゾンならポイント還元本が多数。西村 仁作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また〈図解〉基本からよくわかる品質管理と品質改善のしくみもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

今なら30日間無料!月額980円で本読み放題!

ブログ村に登録しました。一日ワンクリックお願いします!
ブログを続ける励みになります(^o^)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

トップページへ戻る

他にも色々なブログを書いています!

IATF16949を徹底解説!

このカテゴリをもっと読む

品質基礎知識の情報発信!

このカテゴリをもっと読む

コメント