【IATF16949徹底解説】8.4.2.3 供給者の品質マネジメントシステム開発|要求事項の解説と解釈

IATF16949

ISO9001・IATF16949 第8章 運用

ISO9001 及び IATF16949 の第8章 は、以下の通りです。ここが、品質マネジメントシステムを運用するうえでの規定が書かれており、一番のメイン所になります。要求事項は長く続きますが、是非、一緒に勉強をしましょう!

ISO9001:2015
IATF16949:2016
8 運用
ISO9001:2015 8.1 運用の計画及び管理
IATF16949:2016 8.1.1 運用の計画及び管理 – 補足
IATF16949:2016 8.1.2 機密保持
ISO9001:2015 8.2 製品及びサービスに関する要求事項
ISO9001:2015 8.2.1 顧客とのコミュニケーション
IATF16949:2016 8.2.1.1 顧客とのコミュニケーション – 補足
ISO9001:2015 8.2.2 製品及びサービスに関連する要求事項の明確化
IATF16949:2016 8.2.2.1 製品及びサービスに関連する要求事項の明確化 – 補足
ISO9001:2015 8.2.3 製品及びサービスに関連する要求事項のレビュー
IATF16949:2016 8.2.3.1 ISO9001:2015 要求事項参照
IATF16949:2016 8.2.3.1.1 製品及びサービスに関連する要求事項のレビュー – 補足
IATF16949:2016 8.2.3.2 顧客指定の特殊特性
IATF16949:2016 8.2.3.3 組織の製造フィージビリティ
ISO9001:2015 8.2.4 製品及びサービスに関する要求事項の変更
ISO9001:2015 8.3 製品及びサービスの設計・開発
ISO9001:2015 8.3.1 一般
IATF16949:2016 8.3.1.1 製品及びサービスの設計・開発 – 補足
ISO9001:2015 8.3.2 設計・開発の計画
IATF16949:2016 8.3.2.1 設計・開発の計画 – 補足
IATF16949:2016 8.3.2.2 製品設計の技能
IATF16949:2016 8.3.2.3 組込みソフトウェアをもつ製品の開発
ISO9001:2015 8.3.3 設計・開発へのインプット
IATF16949:2016 8.3.3.1 製品設計へのインプット
IATF16949:2016 8.3.3.2 製造工程設計へのインプット
IATF16949:2016 8.3.3.3 特殊特性
ISO9001:2015 8.3.4 設計・開発の管理
IATF16949:2016 8.3.4.1 監視
IATF16949:2016 8.3.4.2 設計・開発の妥当性確認
IATF16949:2016 8.3.4.3 試作プログラム
IATF16949:2016 8.3.4.4 製品承認プロセス
ISO9001:2015 8.3.5 設計・開発からのアウトプット
IATF16949:2016 8.3.5.1 設計・開発からのアウトプット – 補足
ISO9001:2015 8.3.6 設計・開発の変更
IATF16949:2016 8.3.6.1 設計・開発の変更 – 補足
ISO9001:2015 8.4 外部から提供されるプロセス、製品及びサービスの管理
ISO9001:2015 8.4.1 一般
IATF16949:2016 8.4.1.1 一般 – 補足
IATF16949:2016 8.4.1.2 供給者選定プロセス
IATF16949:2016 8.4.1.3 顧客指定の供給者(指定購買 としても知られている)
ISO9001:2015 8.4.2 管理の方式及び程度
IATF16949:2016 8.4.2.1 管理の方式及び程度 – 補足
IATF16949:2016 8.4.2.2 法令・規制要求事項
IATF16949:2016 8.4.2.3 供給者の品質マネジメントシステム開発
IATF16949:2016 8.4.2.3.1 自動車製品に関係するソフトウェア
又は組込みソフトウェアを持つ製品
IATF16949:2016 8.4.2.4 供給者の監視
IATF16949:2016 8.4.2.4.1 第二者監査
IATF16949:2016 8.4.2.5 供給者の開発
ISO9001:2015 8.4.3 外部提供者に対する情報
IATF16949:2016 8.4.3.1 外部提供者に対する情報 – 補足
ISO9001:2015 8.5 製造及びサービス提供
ISO9001:2015 8.5.1 製造及びサービス提供の管理
IATF16949:2016 8.5.1.1 コントロールプラン
IATF16949:2016 8.5.1.2 標準作業-作業者指示書及び目視標準
IATF16949:2016 8.5.1.3 作業の段取り替え検証
IATF16949:2016 8.5.1.4 シャットダウン後の検証
IATF16949:2016 8.5.1.5 TPM(Total productive maintenance)
IATF16949:2016 8.5.1.6 生産治工具並びに製造, 試験, 検査の治工具
及び設備の運用管理
IATF16949:2016 8.5.1.7 生産計画
ISO9001:2015 8.5.2 識別及びトレーサビリティ
IATF16949:2016 8.5.2.1 識別及びトレーサビリティ – 補足
ISO9001:2015 8.5.3 顧客又は外部提供者の所有物
ISO9001:2015 8.5.4 保存
IATF16949:2016 8.5.4.1 保存 – 補足
ISO9001:2015 8.5.5 引き渡し後の活動
IATF16949:2016 8.5.5.1 サービスからの情報のフィードバック
IATF16949:2016 8.5.5.2 顧客とのサービス契約
ISO9001:2015 8.5.6 変更の管理
IATF16949:2016 8.5.6.1 変更の管理 – 補足
IATF16949:2016 8.5.6.1.1 工程変更の一時的変更
ISO9001:2015 8.6 製品及びサービスのリリース
IATF16949:2016 8.6.1 製品及びサービスのリリース – 補足
IATF16949:2016 8.6.2 レイアウト検査及び機能試験
IATF16949:2016 8.6.3 外観品目
IATF16949:2016 8.6.4 外部から提供される製品及びサービスの検証及び受入れ
IATF16949:2016 8.6.5 法令・規制への適合
IATF16949:2016 8.6.6 合否判定基準
ISO9001:2015 8.7 不適合なアウトプットの管理
IATF16949:2016 8.7.1 8.7.1
IATF16949:2016 8.7.1.1 特別採用に対する顧客の正式許可
IATF16949:2016 8.7.1.2 不適合製品の管理 – 顧客規定のプロセス
IATF16949:2016 8.7.1.3 疑わしい製品の管理
IATF16949:2016 8.7.1.4 手直し製品の管理
IATF16949:2016 8.7.1.5 修理製品の管理
IATF16949:2016 8.7.1.6 顧客への通知
IATF16949:2016 8.7.1.7 不適合製品の廃棄

8.4.2.3 供給者の品質マネジメントシステム開発

IATF16949要求事項のポイントを自分なりにまとめてみました。

組織は供給者に、顧客の特別許可がない限り、IATF16949認証の取得を最終的な目標として、ISO9001認証を受けた品質マネジメントシステムの開発、実施、改善を要求しなければならない。

この要求事項を達成するため、下記を適用することが望ましいが、顧客によって他の要求事項が存在する場合は、そちらに従う。
① 第二者による監査を通じたISO9001への適合証明
② 第三者による審査を通じたISO9001の認証取得
※顧客によって特別な許可がない限り、供給者はISO9001認証をうけていなければならない。認証機関は正式に認められているIAF MLAメンバーの認定マークを持つ認証機関が発行した第三者認証を維持する。
③ 第二者による監査を通じた、顧客が定めた他のQMS要求事項(MAQMSR:Minimum Automotive Quality Management System Requirements for Sub-Tier Supplier)への適合したISO9001の証明
④ 第二者による監査を通じたIATF196949 に適合したISO9001の証明
⑤ 第三者による審査を通じたIATF16949の認証取得
※IATF機関が定めた認証機関による認証

 

え、私たちがサプライヤの品質マネジメントシステムを開発しなくちゃいけないの?

そうなんです!顧客要求事項を確実に適合するために、サプライヤの品質マネジメントシステムは購買企業側が開発するよう、支援・監視しなくてはなりません。具体的にどういったことか、見ていきましょう~

はじめに

自動車は約2〜3万個にも及ぶ自動車部品が組み込まれています。どれか1つの部品でも欠けてしまったら自動車自体を製造することができなくまります。

新型コロナウイルスの影響により半導体等の部品が不足しました。電装系の部品調達が遅れ、完成車メーカーは減産したことは記憶に新しいかと思います。

この減産により、完成車メーカーへの納入量は激減し、半導体に関わらない自動車部品メーカーにも大きな不利益を被ることとなりました。

このように、確実な品質の製品を、確実に顧客へ納入することは、自動車産業に関わるサプライチェーン全体に求められることになります。

即ちIATF16949とは!
顧客が要求する品質に適合した製品」を「顧客が要求する納期までに確実に納める」ための品質マネジメントシステム
といえます。自動車産業に関わる全ての組織がIATF16949の要求事項を満たすことで、自動車産業全体の継続性を確実にするためのマネジメントシステムです。

サプライチェーンに関わる全組織がIATF16949の要求事項を満たすことを目標とすることで、真の効力を発揮することになります。

なるほど~! 一次、二次、三次…下請けのように、サプライヤチェーン全体に渡って広く根付かせることが必要なんだ!
ただ…、どうやるの?

具体的なアプローチもIATF16949の要求事項に書かれているよ!親切な要求事項ですね

全然、親切な要求事項じゃない!!厳しい…厳しすぎるよ!

解説(IATF16949の要求)

組織は供給者に、顧客の特別許可がない限り、IATF16949認証の取得を最終的な目標として、ISO9001認証を受けた品質マネジメントシステムの開発、実施、改善を要求しなければならない。
供給者へIATF16949認証の取得を最終的な目標とし、サプライヤ管理をするよう要求を受けています。

ここでいう供給者とは、製造供給者が対象となっています。即ち、治工具の製造や、校正サービスなどの供給者は対象外となるので、注意が必要です。

供給者認定プロセス(8.4.1.2参照)を経てサプライヤの評価結果をもとに、サプライヤのQMS開発を行う順序でサプライヤ管理を行います。

解説(QMS開発手順)

この要求事項を達成するため、下記を適用することが望ましいが、顧客によって他の要求事項が存在する場合は、そちらに従う。
① 第二者による監査を通じたISO9001への適合証明
② 第三者による審査を通じたISO9001の認証取得
※顧客によって特別な許可がない限り、供給者はISO9001認証をうけていなければならない。認証機関は正式に認められているIAF MLAメンバーの認定マークを持つ認証機関が発行した第三者認証を維持する。
③ 第二者による監査を通じた、顧客が定めた他のQMS要求事項(MAQMSR:Minimum Automotive Quality Management System Requirements for Sub-Tier Supplier)への適合したISO9001の証明
④ 第二者による監査を通じたIATF16949 に適合したISO9001の証明
⑤ 第三者による審査を通じたIATF16949の認証取得
※IATF機関が定めた認証機関による認証
 

ここで、サプライヤのマネジメントシステム開発手順が、具体的に記載されています!
この手順に沿って、マネジメントシステムを開発し向上させることが望ましいですよ!

顧客より特別な要求がない限り、①〜⑤の手順に従い、サプライヤのQMS開発を行うことが望ましいと要求されています

★QMS開発の順序★

①顧客等の第二者より、ISOへ適合できているか監査してもらう
②正式な認証機関の審査を通し、ISO認証を取得する
組織がもつISO認証を受けたQMSのレベルアップを図るため、顧客等の第二者よりMAQMSRへ適合しているか監査してもらう
④顧客等の第二者より、IATFに適合できているか監査してもらう
⑤正式な認証機関の審査を通し、IATF認証を取得する
この開発順序に従い、IATF16949認証の取得を最終目標として、品質マネジメントシステム開発を行います。
 
なお、MAQMSRとは、米国Ford・クライスラーがサプライヤ向けに策定した、最低限守ってもらいたい自動車産業向けQMS要求事項となります。こちらはIATFやFord、クライスラーのウェブサイトより入手できます。 

他のIATF16949要求事項の解説はコチラ!

要求事項をもっと見る!

ブログ村に登録しました。一日ワンクリックお願いします!
ブログを続ける励みになります(^o^)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

Noteはじめました!品質マガジン配信中!

トップページへ戻る

他にも色々なブログを書いています!

IATF16949を徹底解説!

このカテゴリをもっと読む

品質基礎知識の情報発信!

このカテゴリをもっと読む

コメント