【IATF16949徹底解説】8.6.4 外部から提供される製品及びサービスの検証及び受入れ|要求事項の解説と解釈

当記事のリンクには広告が含まれています

目次

ISO9001・IATF16949 第8章 運用

ISO9001:2015
IATF16949:2016
8 運用
ISO9001:2015 8.1 運用の計画及び管理
IATF16949:2016 8.1.1 用の計画及び管理 – 補足
IATF16949:2016 8.1.2 機密保持
ISO9001:2015 8.2 製品及びサービスに関する要求事項
ISO9001:2015 8.2.1 顧客とのコミュニケーション
IATF16949:2016 8.2.1.1 顧客とのコミュニケーション – 補足
ISO9001:2015 8.2.2 製品及びサービスに関連する要求事項の明確化
IATF16949:2016 8.2.2.1 製品及びサービスに関連する要求事項の明確化 – 補足
ISO9001:2015 8.2.3 製品及びサービスに関連する要求事項のレビュー
IATF16949:2016 8.2.3.1 ISO9001:2015 要求事項参照
IATF16949:2016 8.2.3.1.1 製品及びサービスに関連する要求事項のレビュー – 補足
IATF16949:2016 8.2.3.2 顧客指定の特殊特性
IATF16949:2016 8.2.3.3 組織の製造フィージビリティ
ISO9001:2015 8.2.4 製品及びサービスに関する要求事項の変更
ISO9001:2015 8.3 製品及びサービスの設計・開発
ISO9001:2015 8.3.1 一般
IATF16949:2016 8.3.1.1 製品及びサービスの設計・開発 – 補足
ISO9001:2015 8.3.2 設計・開発の計画
IATF16949:2016 8.3.2.1 設計・開発の計画 – 補足
IATF16949:2016 8.3.2.2 製品設計の技能
IATF16949:2016 8.3.2.3 組込みソフトウェアをもつ製品の開発
ISO9001:2015 8.3.3 設計・開発へのインプット
IATF16949:2016 8.3.3.1 製品設計へのインプット
IATF16949:2016 8.3.3.2 製造工程設計へのインプット
IATF16949:2016 8.3.3.3 特殊特性
ISO9001:2015 8.3.4 設計・開発の管理
IATF16949:2016 8.3.4.1 監視
IATF16949:2016 8.3.4.2 設計・開発の妥当性確認
IATF16949:2016 8.3.4.3 試作プログラム
IATF16949:2016 8.3.4.4 製品承認プロセス
ISO9001:2015 8.3.5 設計・開発からのアウトプット
IATF16949:2016 8.3.5.1 設計・開発からのアウトプット – 補足
ISO9001:2015 8.3.6 設計・開発の変更
IATF16949:2016 8.3.6.1 設計・開発の変更 – 補足
ISO9001:2015 8.4 外部から提供されるプロセス、製品及びサービスの管理
ISO9001:2015 8.4.1 一般
IATF16949:2016 8.4.1.1 一般 – 補足
IATF16949:2016 8.4.1.2 供給者選定プロセス
IATF16949:2016 8.4.1.3 顧客指定の供給者(指定購買 としても知られている)
ISO9001:2015 8.4.2 管理の方式及び程度
IATF16949:2016 8.4.2.1 管理の方式及び程度 – 補足
IATF16949:2016 8.4.2.2 法令・規制要求事項
IATF16949:2016 8.4.2.3 供給者の品質マネジメントシステム開発
IATF16949:2016 8.4.2.3.1 自動車製品に関係するソフトウェア
又は組込みソフトウェアを持つ製品
IATF16949:2016 8.4.2.4 供給者の監視
IATF16949:2016 8.4.2.4.1 第二者監査
IATF16949:2016 8.4.2.5 供給者の開発
ISO9001:2015 8.4.3 外部提供者に対する情報
IATF16949:2016 8.4.3.1 外部提供者に対する情報 – 補足
ISO9001:2015 8.5 製造及びサービス提供
ISO9001:2015 8.5.1 製造及びサービス提供の管理
IATF16949:2016 8.5.1.1 コントロールプラン
IATF16949:2016 8.5.1.2 標準作業-作業者指示書及び目視標準
IATF16949:2016 8.5.1.3 作業の段取り替え検証
IATF16949:2016 8.5.1.4 シャットダウン後の検証
IATF16949:2016 8.5.1.5 TPM(Total productive maintenance)
IATF16949:2016 8.5.1.6 生産治工具並びに製造, 試験, 検査の治工具
及び設備の運用管理
IATF16949:2016 8.5.1.7 生産計画
ISO9001:2015 8.5.2 識別及びトレーサビリティ
IATF16949:2016 8.5.2.1 識別及びトレーサビリティ – 補足
ISO9001:2015 8.5.3 顧客又は外部提供者の所有物
ISO9001:2015 8.5.4 保存
IATF16949:2016 8.5.4.1 保存 – 補足
ISO9001:2015 8.5.5 引き渡し後の活動
IATF16949:2016 8.5.5.1 サービスからの情報のフィードバック
IATF16949:2016 8.5.5.2 顧客とのサービス契約
ISO9001:2015 8.5.6 変更の管理
IATF16949:2016 8.5.6.1 変更の管理 – 補足
IATF16949:2016 8.5.6.1.1 工程変更の一時的変更
ISO9001:2015 8.6 製品及びサービスのリリース
IATF16949:2016 8.6.1 製品及びサービスのリリース – 補足
IATF16949:2016 8.6.2 レイアウト検査及び機能試験
IATF16949:2016 8.6.3 外観品目
IATF16949:2016 8.6.4 外部から提供される製品及びサービスの検証及び受入れ
IATF16949:2016 8.6.5 法令・規制への適合
IATF16949:2016 8.6.6 合否判定基準
ISO9001:2015 8.7 不適合なアウトプットの管理
IATF16949:2016 8.7.1 8.7.1
IATF16949:2016 8.7.1.1 特別採用に対する顧客の正式許可
IATF16949:2016 8.7.1.2 不適合製品の管理 – 顧客規定のプロセス
IATF16949:2016 8.7.1.3 疑わしい製品の管理
IATF16949:2016 8.7.1.4 手直し製品の管理
IATF16949:2016 8.7.1.5 修理製品の管理
IATF16949:2016 8.7.1.6 顧客への通知
IATF16949:2016 8.7.1.7 不適合製品の廃棄

8.6.4 外部から提供される製品及びサービスの検証及び受入れ

IATF16949要求事項のポイントを自分なりにまとめてみました。

組織は、次の方法を一つ以上用いて、外部より提供されるプロセス、製品、サービスに関して、顧客より要求されている品質を確実にするための仕組みを持たなくてはならない。(購入品の受取検査)
① 供給者から組織に提供される統計データの受領及び評価
② サプライヤのパフォーマンス実績に基づいた抜取検査のような、受入検査・試験
③ 供給者のサイトの第二者若しくは第三者監査およびその評価結果
④ 指定された試験所による部品の評価
⑤ 顧客と合意した他の方法

はじめに

当要求事項は、供給者から受け取る購買品の受け入れ時に関する要求事項となります。要求事項には5つの方法が記載されており、いずれか1つ以上を用いて品質を保証するプロセスを構築することがIATFより要求されています。

材料や部品がもつ、製品品質への影響度合いや、供給者の品質パフォーマンスを考慮して、受入検査や試験の方法を決定する必要があります。なお、受入時にNG判定を検出した場合の処置に関しても構築しておかなくてはなりませんので、情報のエスカレーション方法や手順を明確にして管理する必要があります。

解説(仕組みの確立)

組織は、次の方法を一つ以上用いて、外部より提供されるプロセス、製品、サービスに関して、顧客より要求されている品質を確実にするための仕組みを持たなくてはならない。(購入品の受取検査)
① 供給者から組織に提供される統計データの受領及び評価
統計データが供給者から提供されるもの。即ち、供給者が測定して作成するデータであることが要求事項に明記されています。
統計データとしては、CpkやSPC、管理図などがあげられるでしょう。単純に出荷検査成績書だけの確認ではなく、統計的手法を用いた品質データの確認がもとめられています。
 
CpkやSPCに関しては、以下の記事で詳しく説明をしているので、参考にしてください。
あわせて読みたい
【誰でも分かる解説!】製造業必見!工程能力指数ってなに? 無料で参加できるナレッジ共有コミュニティ 製造業で働いている方にはお馴染みの工程能力指数。計算はできても、理屈がわかっていない人が多い気がしています。Cpkとし...
あわせて読みたい
【誰でも分かる解説!】SPC(統計的工程管理)をマスターしよう! 無料で参加できるナレッジ共有コミュニティ 皆さんはSPCというワードはご存知でしょうか。 で、工程の”ムダ”を減らすのにとっておきの手法です。 このSPCは重要特性を管...

解説(品質パフォーマンス)

組織は、次の方法を一つ以上用いて、外部より提供されるプロセス、製品、サービスに関して、顧客より要求されている品質を確実にするための仕組みを持たなくてはならない。(購入品の受取検査)
② サプライヤのパフォーマンス実績に基づいた抜取検査のような、受入検査・試験
供給者の品質パフォーマンスに基づき、材料や部品の受入検査や試験を行うように要求を受けています。品質パフォーマンスとは、組織が供給者の品質を監視するための手法で、不具合数の他にも迷惑度合い等も考慮して測定することが求められています。
 
供給者の監視に関する要求事項のリンクを挿入しておきますので、参考にしてみてください。
あわせて読みたい
【IATF16949徹底解説】8.4.2.4 供給者の監視|要求事項の解説と解釈 当記事のリンクには広告が含まれています 【ISO9001・IATF16949 第8章 運用】 ISO9001 及び IATF16949 の第8章 は、以下の通りです。ここが、品質マネジメントシステ...

解説(監査結果)

組織は、次の方法を一つ以上用いて、外部より提供されるプロセス、製品、サービスに関して、顧客より要求されている品質を確実にするための仕組みを持たなくてはならない。(購入品の受取検査)
③ 供給者のサイトの第二者若しくは第三者監査およびその評価結果
利害関係者が行う第二者監査や、外部の認証機関が行う第三者監査の評価結果を考慮して受入検査に関してのプロセスを構築していきます。
 
供給者の第二者監査に関しては、別で個別の要求事項が存在するので、参考にご覧ください。
あわせて読みたい
【IATF16949徹底解説】8.4.2.4.1 第二者監査|要求事項の解説と解釈 当記事のリンクには広告が含まれています 【ISO9001・IATF16949 第8章 運用】 ISO9001:2015IATF16949:2016 8 運用 ISO9001:2015 8.1 運用の計画及び管理 IATF16949:20...

解説(外部試験所による評価)

組織は、次の方法を一つ以上用いて、外部より提供されるプロセス、製品、サービスに関して、顧客より要求されている品質を確実にするための仕組みを持たなくてはならない。(購入品の受取検査)
④ 指定された試験所による部品の評価
指定された試験所による部品の評価結果を考慮して仕組みの確立を目指します。例えば、供給者が独自で行えない信頼性試験であったり、化学的有機物に関する評価であったり、外部機関が行った試験データも考慮することが推奨されています。
 

解説(顧客が合意した方法)

組織は、次の方法を一つ以上用いて、外部より提供されるプロセス、製品、サービスに関して、顧客より要求されている品質を確実にするための仕組みを持たなくてはならない。(購入品の受取検査)
⑤ 顧客と合意した他の方法
最後に、顧客と合意した他の方法に関しても要求事項に記載されています。手法によっては要求事項に書ききれない内容となるので、IATFは顧客の合意があれば、他の手法でも構わないと認めています。

IATF16949要求事項一覧へ

トップページへ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Twitterプロフィール
外資系Tier1メーカーで品質保証をしています。ADAS部品の開発が本業です。

コメント

コメントする

目次